So-net無料ブログ作成

イノサン第3巻28話「紅蓮の叫び」そんなに痛いんかい? ネタバレ感想 [ネタバレ感想]

一話ずつ「イノサン」のあらすじと感想
を書いています。
あくまで個人的な感想ですが、あらすじ
ネタバレが有りますのでご注意下さい。



◆イノサン第3巻28話「紅蓮の叫び」◆


ノートルダム寺院から聞こえる悲鳴を聞
いたスービィスは歓喜にふるえます。

ダミアンの絶望と苦痛と嘆きの三重奏を
もっと聞かせろと。




ダミアンは罪を告白し許しを乞う為の場
で「国王を殺すつもりはなかった!!!!」
と告白しました。


国王陛下に流れる血の色を確かめたかっ
ただけだと。

そしてその血は赤いのを知ったのです。


国王陛下は神何かではない。

痛いときには痛がり、怖い時には怯える

自分たちと同じ人間であり、あんな奴の
為に自分たち平民がパンを食べる順番を
後回しにされる道理はないと。


身内であることがばれるのを恐れ、ジャ
ックの名を呼べないダミアンは、最後に
金の為でもだれかに雇われてやったこと
ではない。

神と未来のフランス国民の為にやったこ
とだと最後の力を振り絞って叫んだので
した。



イノサン第3巻28話「紅蓮の叫び」
のあらすじはここまでです。



◆イノサン第3巻28話 感想◆


それにしてもこの国王の描かれ方笑えま
すね。

目に涙浮かべて、「痛い痛い痛い 痛い
と言ったら痛いのじゃ」ってそんなに痛
かったら普通大声も出せんだろうに。

なんとも情けなーい感じがビシバシ伝わ
ってきました。


こんな奴の為に搾取されていたなんて思
ったらそりゃもう革命起こすしかありま
せんよね。

意外と独裁者って臆病だったりしますか
らね。

臆病だから護衛もいっぱい付けたりしま
すしね。



それに引き替え息子のジャックは強かっ
たですね。

唯一の身内である父親が今から処刑され
るっていうのにも関わらず声を一言も発
しなかった。

どんな思いで父親を見守っていたんだろ
うと思うと辛くなってきますね。



以上、イノサン第3巻28話
「紅蓮の叫び」そんなに痛いんかい?
ネタバレ&感想でした。


つづく、イノサン第3巻29話は
⇒こちらです!


イノサン ネタバレ感想まとめページは
⇒こちらです!




スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
化粧品

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。