So-net無料ブログ作成

イノサン第3巻22話「漆黒隧道」助っ人ニコラ叔父さん! ネタバレ感想 [ネタバレ感想]

一話ずつ「イノサン」のあらすじと感想
を書いています。
あくまで個人的な感想ですが、あらすじ
ネタバレが有りますのでご注意下さい。



◆イノサン第3巻22話「漆黒隧道」◆


シャルルは屋敷を抜け出し、コンシェル
ジュリに向かっています。


シャルルには明日の刑が執行される前に
ダミアンに会う必要がありました。


その道は、まるで真っ暗闇のトンネルの
ような感じがして得体の知れない不安に
襲われるシャルルです。


処刑場の横を通りかかったシャルルは、
どこか懐かしい声を聞いて馬を止めます

父バチストの弟のニコラ叔父さんの声で
した。



ベルサイユ宮廷で死刑執行官をしていた
ニコラは祖母マルトに明日の処刑を手伝
うように言われてパリにやってきていた
のです。


ニコラ叔父さんに飛びつくシャルル。



ニコラは刑を執行する前に罪人に会いに
どうしてもコンシェルジュリへ行くとい
う甥のシャルルに同行します。



コンシェルジュリでは2ヶ月以上も拷問
を受け続け、精神は砕け散り、肉は腐臭
を漂わせているもはや人外と成り果てて
いるダミアンを目の当たりにします。



部屋に入ろうとするシャルルを制止する
声が響きます。

「跨ぐな、そこから先は我ら拷問官の
 領域だ、処刑人の出る幕は無い」



イノサン第3巻22話「漆黒隧道」
のあらすじはここまでです。



◆イノサン第3巻22話 感想◆


イノサンという漫画はシャルルやニコラ
の身につける煌びやかで美しい衣装と、
罪人や貧乏人の着るみすぼらしい服装の
対比がコントラス深く描かれていて、
そのことでますます陰と陽の違い、
絶望的なほどの差を読む人に植えつけて
くれますね。


美しさと恐ろしさが入り混じるショッキ
ングな手法の読む者をぐいぐい引き込ん
でいく力図良さを今さらのように感じま
した。


美しさと醜さ、強さと弱さ、華麗なるも
のと卑しきもの、全てが対比の中に描か
れることで、ドキッとしたりほっとした
り、物語の中に引きづずりこまれます。


シャルルがニコラに会ったシーンの華や
かな雰囲気が、次のシーンの拷問を受け
るダミアンの焼け爛れた肌へページを開
いたときに味わう得体のしれないスリル
はもしかして心臓に悪い?


ううん、お年寄にはお勧めできないかも。

心臓発作を起こしてご臨終はまずいです
から。(んなわけないやろ!)


ということで相変らずわくわくどきどき
のイノサンです。



以上、イノサン第3巻22話「漆黒隧道」
助っ人ニコラ叔父さん!
ネタバレ&感想でした。


つづく、イノサン第3巻23話は
⇒こちらです!


イノサン ネタバレ感想まとめページは
⇒こちらです!




スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
化粧品

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。