So-net無料ブログ作成
検索選択

イノサン第2巻11話「潔癖たる家業」掻き集めます! ネタバレ感想 [ネタバレ感想]

一話ずつ「イノサン」のあらすじと感想
を書いています。
あくまで個人的な感想ですが、あらすじ
ネタバレが有りますのでご注意下さい。



◆イノサン第2巻11話「潔癖たる家業」◆


死刑台の上にへたり込むシャルルに向け
て観衆は石を投げ「サンソンを殺せ!!!」
の大合唱が始まります。


建物の窓へも投石が始まり、事態を重く
見た助手たちは事態を収集させるために
銃を空に向けて放ちます。


大きな音に驚いた観衆が耳を塞いだ次の
瞬間、死刑台への階段をゆっくりと登る
人物がいました。

シャルルの父バチストでした。


ムッシュー・ド・パリの登場に、今にも
シャルルに殴りかかろうとしていた男は
死刑台から慌てて飛び降ります。


バチストはバラバラになった頭部の肉片
を手で掻き集め前にかざして宣言します

「死刑執行人ジャン・バチスト・サンソ
ンの名においてジャン・ド・シャルトワ
の斬首を果たしました」


茫然と眺めているシャルルを他所に、
バチストは手際よく後を片付け、死体を
運ぶよう指示します。


その夜、生首が晒されている飾り台の前
で、たった一人の友達も救えず自分には
生きる価値も無いと嘆くシャルルの姿が
ありました。


その頃ソンソン家の屋敷ではシャルルの
したためた助命嘆願書がマルトによって
燃やされていたのです。


イノサン第2巻11話「潔癖たる家業」の
あらすじはここまでです。



◆イノサン第2巻11話 感想◆


ここはシャルルの出る幕はありません
でしたね。

バチストの威風堂々とした態度に、彼の
処刑人としての職業への強い意志が伝わ
ってきます。

バチストは処刑人というサンソンの家業
に誇りを持って臨んでいるんだというこ
とが判ります。


バチストは昔は息子のシャルルに自分の
ことを軽蔑されているのがつらくてたま
らなかったのと同じように、誰からも
自分達サンソンの家業を馬鹿にされたり
することに耐えられないんですね。


彼は威厳を持って息子のシャルルにその
ことを伝えたんですね。


うん、ちょっとこのバチストはカッコ良
かったです。


妻との関係もめっちゃうまくいってるみ
たいですしね。

よかったよかった。


って何がやねん。笑;



以上、イノサン第2巻11話
「潔癖たる家業」掻き集めます!
ネタバレ&感想でした。


つづく、イノサン第2巻12話
「鮮血の家訓」は ⇒こちらです!

イノサン ネタバレ感想まとめページは
⇒こちらです!



スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
化粧品

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。