So-net無料ブログ作成
検索選択

イノサン第1巻1話「赤き純真」宿命に逆らうシャルルです! ネタバレ感想 [ネタバレ感想]

一話ずつ「イノサン」のあらすじと感想
を書いています。
あくまで個人的な感想ですが、あらすじ
ネタバレが有りますのでご注意下さい。



◆イノサン第1巻1話「赤き純真」◆


その日、
サンソン家のバチストとシャルル父子は
パリの街へ出かけます。


街では死神の父子とののしられ、
忌み嫌われた父子はパリ市庁舎で、
商人長に面会します。


息子のシャルルがイジメで寄宿学校を
追い出された為、次の学校へ入れさせる
為、父親のバチストに連れられ頭を下げ
に来たのでした。

一枚の紹介状を渡す商人長にシャルルは
礼も言わず、うつむいたまま。


屋敷に帰った父子は夜の晩餐で、祖母の
マルトから学校へは行かなくてよい。

父の後をついで、四代目のムッシュード
パリになる為、父の仕事に同行するよう
言い渡されてしまいます。



自分の運命に逆らうように、シャルルは
抵抗します。

人々から蔑まれる処刑人としての生き方
を受け入れられないのです。


抵抗空しく、シャルルは屋敷の拷問部屋
に入れられ、家業を継ぐと言うまで折檻
されることとなりました。


イノサン第1巻1話「赤き純真」のあらす
じはここまでです。



◆イノサン第1巻1話 感想◆


フランス革命前夜の絶対君主制の元では
職業は世襲というのが相場。


人々から蔑まれ恐れられ忌み嫌われる、
処刑人としての運命は若いシャルルに
過酷なものですね。


出来ることならそんな職業誰も継ぎたく
なんか有りませんよね。



それにしてもスープにハエが浮かんでる
ってどういう趣味ですか?


シャルルの女の子座り見たいなヘタレ方
って女々しさいっぱいなんですが。


そして「はい、どうぞこちらへ」と
言わんばかりの拷問部屋行のドアの前に
立つバチストの無表情な姿勢がメッチャ
ホラーなんですけど。


いやなんかこの漫画入りがとてもヘビー
なんですけど。


なんでしょうかこの魅せられ感はねえ。


一体この後シャルルがどうなってしまう
のか続きを見たいと思っちゃいます。




以上、イノサン第1巻1話「赤き純真」
宿命に逆らうシャルルです!ネタバレ&
感想でした。


つづく、イノサン第1巻2話「灰塗れの
正義」は ⇒こちらです!

イノサン ネタバレ感想まとめページは
⇒こちらです!




スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
化粧品

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。